たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  武蔵野市 武蔵野市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

週末農業でお試し農業

2009年04月27日

こんばんは。

今日は寒い一日でしたね。
特に午後からは強い北風が吹き、気温が一気に下がったように
感じました。
東北地方は大荒れの天気だったとか。

明日の東京は久々に最低気温が10度を下回る予報が出ていますが、
GW本番には夏日となるようです。
ホント、寒暖の差が激しいなぁ。


ここ2回ほどふれあい村へ行けていないのですっかり更新が
出来ていませんでした。
今頃、植えた野菜たちは無事に育っているのだろうか??


昨日の讀賣新聞を見ていると「週末農業」という言葉が
目に飛び込んできました。
むさしの農業ふれあい村への活動参加は週一回の土曜日ですが、
これも週末農業に当たるのかな?


記事によると、昨今の食糧危機(自給率・安全性)や環境問題への関心から
農業に注目する人が老若男女問わず増えているとの事。
ただ、勤め人の人が農業を体験・実践するには週末しかないのが現状です。

土日農業研究会の宮崎隆典さんが週末農業を実践しているそうです。


この会に参加しているのは「自然に触れたい」とか「定年後の生き甲斐に」といった動機を
持った人で、中には専業農家になった人までいるもよう。


丹精込めて野菜を育てる体験を一度するだけでも、その後の生活に大きな変化が
表れます。
スーパーに行けば簡単に購入できる野菜も、いざ自分で作るとなるとその苦労が
実感でき、無駄に残すことなんか出来なくなるんじゃないかなぁ。

これでも私、過去に長野県の農家で半年ほど農作業の手伝いをしていたので、
その苦労は少しは知っています。
ただ、大自然の中で土をいじっていると気持ちが良いんですよね。

そして作業後のご飯の美味しいこと!
日本再生の力は農業にあるのではないだろうか・・・  


  • Posted by カズ at 23:11Comments(0)農業情報

    ふれあい村2回目、キュウリの畝立て

    2009年04月12日

    2週間前、ふれあい村に初めて訪れた時はまだ寒かった。
    先週、入村した第一回目の農作業をした時は春の暖かさを感じました。

    そして、昨日の第2回目の農作業・・・夏日を記録していました。
    もの凄い気候の変化です(汗

    農場に着くと、先週に大根を植えるために張ったマルチがめくり上がっていました。
    マルチは大事な土が風に飛ばされないために重要なものです。




    今日の作業はこの修復作業とキュウリを植える為の畝作りなどです。
    始めに土に堆肥や配合肥料を混ぜます。
    その後、レイキと呼ばれる器具で土を平らにならしました。




    作る畝の幅を決めた後は、それに沿って溝を掘ります。
    みんなでマルチを張りました。
    両側からピンッと張りマルチの上に土をかぶせると上手く張れるのですが、
    それがなかなか難しい(笑
    スキマがあるとそこに風が入って再びめくれてしまいますからね。



    若手の私は鍬(くわ)振り作業が専門と化しています。
    これだけの距離ですけど、一本溝を掘ると結構疲れます。

    でも、気持ちのよい汗がかけるんですよねぇ、土いじりって。

    収穫が始まるとがぜん楽しくなってくるのが農業、昨年も参加した人に
    話を聞くと、収穫が始まると毎週、なにかしら獲れるそうです。
    でも、その為には準備が必要なわけです。スーパーに行けば簡単に手に入る
    野菜も、一から作るなるとその苦労が分かりますね。



    野菜たちはどのように育っていくんだろう。
    今後も楽しみです。

     


    次回はマルチに穴をあけて種まきかな・・・



      
    タグ :ふれあい村


  • Posted by カズ at 16:49Comments(0)ふれあい村活動記録

    むさしの農業ふれあい村に入村しました

    2009年04月05日

    こんばんは、カズです。

    先日、武蔵野市内で開かれた環境フェスタというものに参加し、その時、
    むさしの農業ふれあい村という
    NPO法人がある事を知りました。




    話を伺うと私の住む所から近い場所で活動を行っているとの事、
    昨日、むさしの農業ふれあい村の見学に行き、そのまま入村しました。

    ついででに少しだけ作業を手伝わせてもらいまいした。
    畝(うね)作りです。(※畝作りとはタネを蒔くために土を盛り上げる作業)
    久しぶりに鍬(くわ)をふるったら今日は若干の筋肉痛です。
    過去に長野県の農家で半年ほど農作業経験があるんですが、
    土いじりはやっぱり面白い!
    畝の完成後はそこにマルチと呼ばれるビニールを敷きます。



    週末だけですがこれから一年間、ここ武蔵野の地で野菜作りをしていきます!
    このブログでその状況を綴って生きたいと思いますのでどうぞヨロシク!




    農業を含め、第一次産業には非常に関心が高いので、
    それに関連する情報も載せていく予定です。
    まだ今年度の活動が始まったばかりなので、近くの人で興味がある人は
    見学に来てみて下さいね。

      


  • Posted by カズ at 23:21Comments(0)ふれあい村活動記録