たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  武蔵野市 武蔵野市

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

無農薬野菜を作るのは並大抵の事ではありません

2009年09月22日

9月19日の作業



ミニ講義は農薬について

※「むさしの農業ふれあい村」が作っている作物は無農薬ではなく
  減農薬野菜です。

安全な国産野菜を食べたい、と家庭菜園での野菜作りがちょっとしたブームに
なっているようですが、完全無農薬で野菜を作ることは難しいのが現状です。
下手をするとまともな収穫が出来ないと言う自体も!!

農薬を上手に使って一定の収穫量は確保したいものです。
とは言え、ふれあい村では無農薬での野菜で作りへの挑戦は行っていくようですけどね。

  

農薬はその用途によって
殺虫剤、殺菌剤、殺虫・殺菌剤、除草剤、殺鼠(さっそ)剤、植物成長調整剤、
誘引剤、展着剤(てんちゃくざい)、天敵、微生物剤に分類されます。

※ 農薬情報については

独立行政法人農林水産消費安全技術センター(FAMIC)

のサイトで得ることが出来ます。


☆写真で綴る作業風景☆

葉っぱが食われていました。

  

<サツマイモのつる返し>

畝も見えないほど畑一面をサツマイモの葉が覆っていた。
サツマイモのツルは自由奔放に伸び放題、このツルの節々には根があり
これを土から剥がさないと栄養がイモに行き届かない。
その為、つる返し(つる起こし)をする必要がある。






  


    





  


  • Posted by カズ at 22:51Comments(0)ふれあい村活動記録