たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  武蔵野市 武蔵野市

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

タマネギの播種は地味な作業です。

2009年09月26日

むさしの農業ふれあい村では会員さんや農業塾の塾生に向けて
毎月「むさしの農業ふれあい村だより」というもの発行しています。
今月は、昨年の12月からふれあい村を取材している主婦の友社のO氏が
これまで撮った写真から厳選したものを提供してくれました!

※来年の2月には出版本として多くの写真が掲載されるようですよ!!

この「むさしの農業ふれあい村だより」は公式サイトからバックナンバーも合わせて
見る事ができます。⇒コチラ


本日の作業は

①タマネギの播種
②カブ・白菜・ダイコンの間引き
③カカシ作り


作業前のミニ講義ではタマネギ担当のY氏が図解を交えて
分かりやすいレクチャーをしてくれました。

最初に質問がありました。

「タマネギの食べる部分は実なのか?根なのか??茎なのか???それとも・・・」

 


正解は「葉っぱ=葉鞘(ようしょう)」です。
タマネギをむくと幾重にもなっているのが葉なんですって!?

そしてタマネギがあの形に膨らむためにリンが必要との事。

以前にタマネギの苗床を作りました。
ここに播種(種まき)をします。



この溝に2cm間隔で種を一粒づつ蒔きます。
はい、とっても地味な作業です。

作業風景をご覧下さい。

 


・・・


・・・


こんな格好になってしまいました(笑)




一方、別の作業班は間引きの作業を

  


ん?バケツ一杯に間引いていますね。




ここで私はゴーヤの収穫へ。
ゴーヤも今年最後の収穫、自宅に帰って切ってみると種が
赤くなっていました。
(写真はありません)

タマネギの苗床へ戻りましょう。

種を蒔いた上から土を振るい、その上でパオパオ(マルチとは違います)で
覆いました。
パオパオの上からたっぷりの水をあたえ作業終了です。
(タマネギは乾燥を嫌うためパオパオで保湿効果を高めているのかな??)



 


そうそう、タマネギにも多くの種類があり、今回は
■ソニック
■ターボ
■泉州中高黄
■泉州黄大玉葱
の4種類を蒔きました。



私の担当であるキャベツも小さな球が出来ていました。
そろそろ講義の為に調べないとあかんなぁ。

 

  


  • Posted by カズ at 22:40Comments(0)ふれあい村活動記録